Dead by Daylightをプレイしていたら一度は『ノーワン』という言葉を耳にした事があると思います。この記事ではノーワンの意味を分かりやすく簡単に説明します。

ノーワンとは

トーテム

『ノーワン』とは、No One Escapes Death(誰も死から逃れられない)の略語です。

これはキラー(殺人鬼)の共有パークとなっています。

画像 パーク名 効果
誰も死から逃れられない
(No One Escapes Death)
・発電機の修理を全て終えると効果が発動。
・移動速度が2/3/4%上昇し、通常攻撃が一撃で這いずり状態にできる。
・発動すると通常トーテムの1つが呪いのトーテムに変化し、既にトーテムがない場合はパーク効果は発動しない。

このパークはどのキラーが使っても強力なことから、殆どのプレイヤーが利用しています。一撃で敵をダウンさせる事が出来ないキラーが主に利用しているイメージがあります。

移動速度が上昇、攻撃後の待機時間が減少することも有効ですが、生存者を一撃でダウンさせる事(ノーワン状態)が強力とされています。なので、ゲートが通電した時には特に警戒が必要です。

解除方法と対策について

DbD

ゲート通電後に一撃攻撃を貰うことで、ノーワンが付いているかどうか確認する事ができますが、仮に付いていた場合はもちろんダウンしてしまいます。キラーがノーワン状態になった場合、解除するには呪いのトーテムを破壊するしかありません。

対策としてはゲートが通電する前に、全てのトーテムを破壊しておくことが有効とされています。生存者で通常トーテムを破壊している人は、これが目的の場合が多いです。

しかし、5つ全てのトーテムを破壊する事は容易ではありません。一人ではほぼ無理です。4人で手分けして通常トーテムがあった場合に破壊しておくなど、仲間内での暗黙の了解が必要になります。

注意点

ノーワンが発動した時にフックに吊るされた人がいた場合、救助がとても厳しいです。下手にキラーに近づくことは危険です。順序としてはノーワンのトーテムを破壊してから、救助という順序になります。

また、ノーワントーテムが見つからない場合は、味方が吊られていても脱出して構いません。下手な救助は、芋づる式で全員殺されてしまいう場合があります。しっかりと対策した上で挑みましょう。

おすすめ記事