スマブラSP

2018年12月7日に任天堂Switchから『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が発売されました!今作は今までの歴代のキャラクターが全て参戦すると共に、新しいキャラクターも多く増えましたね!

そんな中で前作と同様にマリオシリーズから『クッパ』が参戦しました!今作のクッパは前作と同様に、早期バーストも狙える強烈な攻撃を多く持つ近距離型のパワーファイターです。

すでにスマッシュブラザーズシリーズをプレイしている方はご存知だと思いますが『クッパの横B』には相手をつかみながらジャンプして叩きつぶすという技が存在しています。

この技の特徴は『相手を地面に叩き潰す』ものなので、地面がない場合はどこまでも落ちていきます。この技はスマブラX時代から存在しているのですが、当時から相手と道連れできると話題になっていました。

さて、今作でもこの技が存在しているというわけで、この記事では『クッパの横Bと道連れの対策や勝ち負けの判定について』まとめておこうと思います。クッパ使いの方は是非参考にしてみてください!

クッパの道連れ『やり方』

クッパ

クッパの道連れはそこまで難しくありません。なるべく崖際で横Bを使い、スティックを崖際に傾ければそっちの方向に落ちていきます。しかしクッパの道連れ戦法は昔から使われている技法なので、当たり前ですが敵も警戒します。掴むことがある意味で一番難しいかもしれません。

クッパの道連れ『判定』

動画を見ていただければわかると思いますが、今作のクッパの道連れは前作と同様のようです。

クッパが先に死にます。

なので、仮にお互いのストックが1の時にこのクッパの道連れを行ってしまった場合は『クッパの負け』となります。クッパの道連れで勝つには、相手のストックが1で自分のストックが2以上である必要があります。気をつけましょう。

クッパ道連れ『対策』

クッパ

クッパの道連れの対策ですが、まず前提としてクッパの横Bに掴まれないようにすることです。掴まれてしまったら仕方ないですが、あくまで大前提として押さえておいて下さい。特に崖ぎわは要注意です。

クッパをコントロール

次に対策として横Bは『クッパをコントロールする』ことが出来ます。これは仮にクッパの横Bで掴まれてしまった場合、どっちの方向にクッパを持って行くのかを、相手と自分でコントロールするシステムとなっています。

これは独自の調べですがスマブラSPでは自分と相手のダメージ%によってクッパをコントロール出来る割合が決まります。

仮に、ダメージが自分が0%で相手が50%だった場合、コントロールできる割合は自分の方が大幅にあります。しかし逆に自分が50%で相手が0%だった場合、相手の方がコントロール権を大幅に握っていることになります。

ここで勘違いしないで欲しいのですが、コントロール権を全て握っているわけではありません『大幅』に握っているだけで、ダメージを多く受けている方も、少しですがクッパをコントロールすることが出来ています。

また、補足としてお互いのダメージ%が同じだった場合、若干ですがクッパの方にコントロール権があります。

しかし、これはあくまで相手と自分のスティックが別々の方向だった場合であり、お互いがクッパを右に寄せたい場合は大幅に右に技移動します。もちろんお互いが左に寄せたい場合も大幅に左に寄っていきます。

脱出する

もう一つの対策として『クッパの横Bからの脱出』です。

脱出という言い方もおかしいですが、道連れを狙った場合クッパが先にバーストする判定になるため、直後に空中ジャンプに成功すればキャラによっては復帰が可能です(ジャンプボタンを連打しましょう)。

動画を見ていただいたらわかると思いますが、メタナイトでもギリギリとなっています。メタナイトの前にカービィで試しましたが復帰は出来なかったです。本当に限られたキャラクターのみが復帰が可能のようです。

まとめ

スマブラSP

クッパの道連れの『やり方』と『対策』と『判定』についてまとめました。現在はクッパを使う人も減ってきていると思いますし、ガノンドロフやリドリーでも道連れができるので、あまり話題にもならなくなってきましたね。

しかしそれでもクッパ使いの人やクッパ対策として知っておいて損なことではないと思います。ぜひ参考にしてみてください!この記事が少しでも多くの人の参考になればと思っています!

おすすめ記事