スマブラSP

2018年12月7日に任天堂Switchから『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が発売されました!既に購入した方は、キャラクターを解放して、大乱闘モードやオンライン対戦を楽しんでいることと思います!

さて、今作のスマッシュブラザーズSPECIALでは『トレーニングモード』がとても充実しています!

トレーニングモードでは『CPのダメージ%』や『スピード』を設定するだけではなく『ふっとばし予測線』や『連続ヒット数』を表示することも可能です!

トレーニング

しかし、私はトレーニングをしていて思いました。

カメラ機能はどこ??

トレーニングで写真を撮りたかったのですが、大乱闘モードのようなカメラ機能が見当たらなかったので『写真が撮れない!』という困ったことになりました。きっと私と同じことを思う人がいると思います。

この記事では『トレーニングのカメラ撮影する方法』を解説していきます!よかったら参考にしてみてください。

ポーズ

トレーニング

撮影する方法の前に、私がトレーニングモードを調べて分かったことを載せておきます。

トレーニングではポーズ機能が使えないです!

ポーズ(PAUSE)機能とは大乱闘モードなどで使える『停止画面』のことです。

ポーズ

いや何でトレーニングで使えないんだ...。絶対みんな欲しかったはず!

私もピンポイントで写真が撮りたったのですが、ポーズが使えない以上、諦めました。ポーズが使えないということは『カメラ操作を行うことも出来ない』『キャラクターを静止させることも無理』です。

なのでこれは私の個人の意見ですがトレーニングは写真を撮るむきではないです!

これだったら大乱闘モードで写真を撮る方がよっぽどやりやすいです。どうやらトレーニングは『本当にトレーニングをしたい人用』という感じがします。キャラクターの個性や、技のダメージ数を知りたい人が使うものであって、写真を撮る用のモードではないようですね。

しかし、トレーニングでも写真を撮影することは出来ますので、ここからはトレーニングでの写真撮影の方法をまとめておきます!

トレーニングで写真を撮影する方法

トレーニング

まず、トレーニングにはカメラ機能がないので『Switch本体のカメラ機能』を使う必要があります。ご存知だと思いますが「Joy-Con(L)」のキャプチャーボタンを押せば、プレイ中にゲーム画面の撮影ができます。

この機能を使って撮影するしかありませんが、先ほども記述した通り『ポーズ』が使えませんので、キャラクターは常に動いている状態での撮影になります。

なので仮にトレーニングで撮影する場合は、スピードを4分の1にすることをオススメします。

トレーニング

また設定の画面でYボタンに『カメラ』と書いてありますが、押すことによりカメラの『ズームアップ』や『ズームダウン』をすることが出来ます。より近く撮りたい人や、より離れて撮りたい人にオススメの機能となっています。

トレーニング

トレーニング

他にも『ワンパターン相殺』や『吹っ飛ばし予測線』などの機能が存在しますが、カメラ撮影の関係がない項目ばかりですので、トレーニングで写真撮影する方法は上記で以上となります。また、上の画像で紹介した『トレーニング』というステージは、マス目上に線が表示されているため、技の飛距離を確かめやすい仕様となっています。

まとめ

トレーニングでカメラ写真撮影する方法をまとめました。先ほどにも記述しましたが、トレーニングモードは写真撮影するのに向いていないと思います。

何か撮りたい写真がある場合は、大乱闘モードで2Pにして撮影する方が効率が良いと思います。ポーズ機能やカメラモードが欲しいという声が多かったら、アップデートで追加される可能性はあるかもしれません。しかし、現状ではこの方法しかないことをご了承ください。この記事が少しでも多くの人の参考になればと思っています。

おすすめ記事