ダイヤのエースを見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【アニメ】

こんにちは、ナユタです。

ダイヤのAのシリーズを見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年3月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

ダイヤのエースを見る順番

ダイヤのエース 順番

アニメ:ダイヤのAは、
現在『全3作品』が公開されました!

公開順と時系列は以下の通り。

ダイヤのAの公開順

  1. ダイヤのA(全75話)
  2. ダイヤのA -SECOND SEASON-(全51話)
  3. ダイヤのA act Ⅱ(全52話)

特に映画化などはされていません。

またシリーズは公開順=時系列なので、
上記の順番で視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

登場人物・物語なども引き継ぎますので、初めての方はTVアニメ第1期からの視聴をオススメします。

さらに一つ補足があるとすれば、
第1期の第28話・第2期の第1話〜第3話・第3期の第29話は総集編となっているので、こちらは飛ばしても問題ありません。

一気見できる動画配信サービスもまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

全シリーズ一気見しよう!

全3作品の時系列とあらすじ

※DVD/Blu-rayです。

ダイヤのA

大人気漫画が原作の野球アニメ。強豪校を舞台に、ある投手のリアルな成長譚を描く!天性のクセ球を武器にもつ沢村栄純は、天才捕手・御幸一也との出会いをきっかけに長野から上京し、青道高校野球部に入部。部員100人以上、1軍に入ることすら困難な強豪野球部で、沢村は同じく1年の豪速球投手・降谷暁たちと競いながらエースを目指す。

評価
(3.70)
放送年2013年レビュー610件
監督増原光幸放送回全75話

ダイヤのA
-SECOND SEASON-

強豪校を舞台に、甲子園を目指す高校球児が白熱の試合を繰り広げる野球アニメの第2期!甲子園出場を目指し、熱戦が繰り広げられた西東京大会。青道は決勝戦で昨年の優勝校・稲城実業と戦うことに。エースの戦線離脱というアクシデントに襲われながらも、青道は果敢に王者に挑む…。そして秋大会へ向け、新チームとなった青道が動きだす。

評価
(3.80)
放送年2015年レビュー208件
監督増原光幸放送回全51話

ダイヤのA actⅡ

2年生となった主人公はライバルたちと切磋琢磨し、エースの座と甲子園の頂点を目指す!夏の地方大会で稲実に敗れた青道高校は雪辱に向けさらなる練習に励み、次の春、ついに東京代表の1校としてセンバツ・甲子園の舞台に立つ。全国の並みいる強豪と互角以上の戦いを繰り広げる青道だったが、3回戦で大きな壁が立ちはだかり…。

評価
(3.50)
放送年2019年レビュー55件
監督増原光幸放送回全52話

ダイヤのAの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし

動画配信
サービス
U-NEXTHuluAmazon primevideoNETFLIXdアニメストア
月額料金
(税込)
2,189円1,026円500円990円〜440円
無料体験31日間2週間30日間なし31日間
オススメ★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★
TVアニメ
公式URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

複数のVODで見放題となっていますが、
ダイヤのAが見たい方は『U-NEXT』の登録をオススメします。

VODランキング

実はU-NEXTはアニメの作品数で第1位を誇っています!

映画もドラマも充実しているので、ハッキリ言ってここに登録しておけば、他のサービスに登録しておく必要がありません。

そして今なら『31日間の無料トライアル』がついています!

上の画像は公式のキャプチャですが、
「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

U-NEXT

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

最後のまとめ

まとめ

アニメ:ダイヤのA(エース)を見る順番・時系列とシリーズ一覧をまとめました。

ダイヤのエースを見る順番
  1. 第1期:ダイヤのA
  2. 第2期:ダイヤのA -SECOND SEASON-
  3. 第3期:ダイヤのA actII

アニメ:ダイヤのAは漫画から派生したスポーツ作品なので、子供も大人も楽しめると思います!

皆様のお気に入りが見つかることを祈っています。

素敵な休日を過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。