クローズ|映画を見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【ZERO】

こんにちは、ナユタです。

映画:クローズの見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年3月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

クローズ 映画を見る順番

クローズ 順番

映画:クローズのシリーズは、
現在『全3作品』が公開されました!

公開順と時系列は以下の通り。

クローズの公開順と時系列

クローズの公開順
  1. クローズZERO(2007年)
  2. クローズZERO Ⅱ(2009年)
  3. クローズEXPLODE(2014年)
クローズの時系列
  1. クローズZERO(原作の1年前)
  2. クローズZERO Ⅱ(第1作目の8ヶ月後)
  3. クローズEXPLODE(第2作目の1ヶ月後)

シリーズは公開順=時系列なので、
上記の通りに視聴すれば、そのまま映画を楽しむことが出来ます!

もちろん単体で見ても面白いですが、登場する俳優・キャラクターはシリーズで引き継ぎますので、飛ばして見ることはオススメしません。

また第1作目のクローズゼロは、原作の坊屋春道が鈴蘭高校に転校してくる1年前を描いた、完全オリジナルストーリーとなっています。

映画版について
  • 原作者の高橋ヒロシは実写映画化を全て断っていたが、完全オリジナルストーリーという条件で実現しました。

一気見できる動画配信サービスもまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

全シリーズ一気見したい方へ

全3作品の時系列とあらすじ

クローズZERO

偏差値最低、品性最悪の不良学生が集まる鈴蘭高校では、多数の派閥が覇権をめぐって勢力争いを繰り広げていた。現在の最大勢力は、3年の芹沢多摩雄(山田孝之)率いる“芹沢軍団”だった。そこへ、鈴蘭制覇を本気で狙う滝谷源治(小栗旬)が転入、鈴蘭OBで早秋一家矢崎組のチンピラ片桐(やべきょうすけ)と友人になり、勢力を拡大する。

評価
(4.01)
公開年2007年レビュー1,951件
上映時間130分興行収入25億円

出演者一覧

  • 滝谷 源治:小栗旬
  • 伊崎 瞬:高岡蒼甫
  • 片桐 拳:やべきょうすけ
  • 逢沢 ルカ:黒木メイサ
  • 辰川 時生:桐谷健太
  • 牧瀬 隆史:高橋努
  • 田村 忠太:鈴之助
  • 戸梶 勇次:遠藤要
  • 筒本 将治:上地雄輔
  • 芹沢 多摩雄:山田孝之
20代女性より

迫力が凄かった!
不良の人達の乱闘シーンは迫力があってバイクで突っ込んでく所も迫力があって良かったです!学校の頂点を取るためにみんな必死に戦ってる姿はとてもかっこよくて感動しました!仲間を思う気持ちや青春な部分も私もそんな絆で結ばれた仲間が欲しいなと思いました!

20代女性より

かっこよすぎる!
とにかく好きな映画です。不器用ながらに仲間を集めていくゲンジ、可愛いです。けんさんの言うことを間にうける素直さが高校生っぽい。なんといっても最後の芹沢との喧嘩のシーン。仲間と学校に向かって歩いてるところはかっこ良すぎます。クローズの中ではこのシーンが1番好きです。

20代女性より

かっこいい!
俳優陣が豪華で、若手ながらも演技力の高い人たちばかりなので見応えがあります。ヤンキー映画ならではのアクションシーンが迫力があります!命の危険をかえりみず、容赦なく喧嘩している姿は男らしくてかっこよかったです。とくに小栗旬の圧倒的強さは女の私から見ても憧れます。

20代女性より

感動!
全体を通してとても喧嘩のシーンは臨場感がありとても息を飲みました。主人公の小栗さん演じる銀次は初めひとりぼっちだったのにだんだん周りの同期たちと喧嘩を通して関係を気づいていき最後にトップの芹沢軍団と雨の中喧嘩のシーンがとても熱くて感動しました。芹沢と銀次の一対一がとてもかっこよく、見入ってしまいました。

10代女性より

キャストが豪華!
10年ほど前に初めて見ました。山田孝之さん、小栗旬さんなど豪華な俳優さんが共演していて今見てもものすごく見ごたえがあります。男くささが強く喧嘩のシーンも多いですが、迫力があってつい見入ってしまうし、男性だけでなく女性も楽しめる内容だと思います。

20代女性より

主演二人が最高にカッコいい!
小栗旬さん山田孝之さん演じる主人公の二人が真逆のキャラクターでそれがぴったりハマってます!対立する二人ですが、それぞれの人柄に惹かれてどちらも応援したくなります。不良映画のハラハラする喧嘩シーンも圧巻ですし、家族模様や仲間を想う気持ちも描かれていてグッとくる場面もありました。

30代女性より

生き様
一先ず、同じ時間を過ごすメンバーそれぞれの個性の多さに圧倒された。映画を観ていて、シーンの展開が早く慌ただしく時間が経過していき、全く退屈することがなかった。表向きでは、小栗旬と山田孝之の身長差にインパクト受けつつも、逆にバランスの取れてる役所に見えた。

30代女性より

主人公の成長を感じられる!
鈴蘭高校の頂点を目指すという目的を果たすために上り詰めていく小栗旬さん演じる主人公・源治の姿にカッコよさを感じました。たった一人で目的に向かう源氏の姿に徐々に仲間が集まっていく様子に源治の威厳ある姿に惹き付けられたのだと感じました。最後に鈴蘭のNO.1である山田孝之さん演じる芹沢との決闘シーンがありましたが、ただ頂点を目指しているだけでなく、仲間の思いを背負った姿がそこにはあり、源治の人間的成長を感じられました。喧嘩シーンと共に源治が仲間に心を開いていく様子も見どころとなっていました。

20代男性より

熱い男の戦い
カラスの学校と呼ばれる不良が集まる鈴蘭男子高校で繰り広げられる一番強いやつを決める戦いの映画です。転校生の滝谷源治は圧倒的ケンカの実力を持っています。その滝谷と争うのが現状一番強いやつ芹沢多摩雄です。滝谷は各クラスのトップを倒し、GPSというグループをつくり、芹沢軍団とどちらが強いのかをきめる闘いを始めます。この闘いを通して熱い熱い男の友情や青春を感じることができます。

30代男性より

観る前は否定的でした、が
クローズ・WORSTと原作を追い続けている者からしたら映画化の話には否定的でしたが、予想を上回る迫力あるバトルシーンに圧倒されました。シリアスなシーンに於いても、飽くまで高校生という枠組みの中で繰り広げられる義理人情の世界は高橋ヒロシ作品そのものでした。世界観を壊さないどころか、原作により厚みをもたらす作品だと思う反面、女性キャラは必要無い。

30代男性より

迫力あるバトルが魅力的です!
男気あふれるバトルの数々がかなり迫力があって画面から熱気が伝わってくるほど熱いストーリー、場面が多くある作品で漫画を実写化した最近の作品の中でもよりかっこよく表現されている内容に感じられました。特に山田孝之さんは目力がはんぱなくて一番この作品の役にフィットしていたように思えました。

40代女性より

怒涛のごとく過ぎていく!
なんと言っても、小栗旬さんがカッコ良かったです〜。不良姿も素敵でした。山田孝之さんの表情があまり変わらない演技も良かったです。乱闘シーンは、迫力があって見入ってしまいました。しかしながら子供には、あまり見せたくないかなーと思いました…。

40代女性より

キャスト最高!
実際にいたら、絶対に関わりたくないけど、映画の中だとかっこいい不良達が、とにかく学校において、1番強くなりたい。所謂「テッペン」取りたいと、ケンカに明け暮れる物語。漫画は読んだ事ないけれど、恐らく漫画よりはずっと女子受けが良いでしょう。主演が何をやってもかっこいい小栗旬さんですから。小栗さんだけではありません、ライバル役演じるのが、山田貴之さん。この2人が共演して、つまらない作品はありません。そしてピリリと山椒をきかせているのが、やべきょうすけさん。この方が入ると、一気に男臭さが増します。とにかくキャストのバランスがとても良く、一気にその世界に引き込まれるような作品です。

40代男性より

どことなく懐かしい不良映画
小栗旬と山田孝之との共演が見事にハマっていて良かったです。オープニングや挿入曲が、こてこてのロックで作品のイメージと合っていたと思います。原作の漫画を知っている俳優が演じているので、漫画の世界観が上手く出ていたと思います。どことなく昭和の雰囲気がする懐かしい作品です。

40代男性より

登場人物の男気に惚れた!
クローズZEROを初めて観たのはもう10年以上も前になりますが、登場人物が魅力的であり、アクションシーンのスピードや派手さにも目を奪われ、すぐにシリーズのファンになりました。ケンカという単純なやり方かもしれませんが、誰もが頂点を目指すという設定は男心に少し共感が持てます。また、誰もが頂点を目指せるわけでもなく、自分はその格ではないと折り合いをつけ、他人に託していくというのも男の生き様というものを考えさせられました。

50代男性より

実際にこんな学校あったら嫌ですが…
三池崇史監督作品は当たり外れが激しいですが、これはアクションシーンが見せ場なので監督の得意ジャンルだったのだと思います。とにかく小栗旬さんが格好良くて、男から見ても惚れ惚れしてしまいます。細かい傷には目をつぶってアクションを楽しむ映画だと思います。

クローズZERO II

不良学生たちの巣窟・鈴蘭男子高校制覇を狙いリンダマン(深水元基)との頂上決戦に敗れた源治(小栗旬)は、まだ全校を統一できずにいた。そんなとき、かつてし烈な抗争を繰り返していた鳳仙学園との停戦協定が破られてしまう。鳴海大我(金子ノブアキ)率いる鳳仙学園の猛者たちが攻勢をかけてくる中、鈴蘭高校はかつてない危機を迎える…。

評価
(4.06)
公開年2009年レビュー1,643件
上映時間133分興行収入30.2億円

出演者一覧

  • 川西 昇:阿部進之介
  • 鳴海 大我:金子ノブアキ
  • 的場 闘志:阿部亮平
  • 熊切 力哉:大口兼悟
  • 芝山 隼人:蕨野友也
  • 漆原 凌:綾野剛
  • 美藤 竜也:三浦春馬
  • 美藤 真喜雄:山口祥行
20代男性より

キャストが豪華すぎる!
この映画はキャストが豪華すぎる!主人公を演じる小栗旬や、そのライバルを演じる山田孝之をはじめ、他にも桐谷健太、綾野剛、金子ノブアキなど、今活躍する俳優陣が勢揃い。そんな彼らの喧嘩シーンは迫力満点!山田孝之の大物感、綾野剛のミステリアスな感じがまたかっこいい!

20代男性より

学校のプライドをかけた争い
形としては源治がトップとなった鈴蘭高校。そんなある日、以前抗争をしていて現在は休戦協定を結んでいた鳳仙学園と源治がケンカをしたことで休戦協定が破られます。そこから鳳仙との争いが起こります。鈴蘭高校の体育館に鳳仙の生徒が放火をしたことをきっかけに全面戦争が起こります。かたちはどうあれ、学校のプライドをかけた男たちの熱い戦いにきっと夢中になると思います。

20代男性より

男前!!
俳優陣が男前すぎました。主演の小栗旬や、山田孝之、三浦春馬まで出ていて本当に豪華な顔ぶれでした。その中でも、一番男前だと感じたのが高岡奏輔です。演じている役もとてもぴったりで僕が女性なら絶対に惚れているくらいにかっこよくて、とても憧れました。

30代男性より

因縁のライバルの協働に感動!!
クローズZEROでは、敵同士だった滝谷と芹沢。ZEROⅡのオープニングでも敵対する意思はお互いまだ強かったが、鳳仙高校という強大な敵対軍団が表れたことで2人の関係が少しづつ変化し始める中盤の雰囲気に常時惹きつけられてました。色々なドラマが起こり、ついに鈴蘭と鳳仙の対決が起こるクライマックスで最大級にカッコイイと思ったシーンは、「一人で乗り込んだ滝谷を追ってGPSが乗り込む。更に芹沢の判断で滝谷の援護に乗り込んできた芹沢軍団が合体する」ところ!!鳥肌立ちました。2人にも各々好きなシーンがあります。滝谷→鳳仙に乗り込もうとするGPSに向かって「解散しよう。俺たちは負けたんだ」と言いながら、一人でたばこを吸いながら鳳仙高校へ向かうシーン。芹沢→鳳仙の漆原に対して一方的に殴られ続けたが、とうとう漆原の動きを見切って圧倒的な力で逆転するシーン…渋い。特に男性なら憧れるようなシーンがたくさん詰まってます。

10代男性より

かっこいい
自分が求めていたのはこのクローズでした。前作よりも格段に面白くなっていました。芹澤軍団が仲間になり、ゲンジを助けに来たときは燃えました。敵対する高校も強いやつらばかりで魅力的な人物が多くてよかったです。特に栗原類のオーラがただならぬものだったので好きです。

30代男性より

負けん気の強い男達の戦いが熱いです!
明らかに前作よりも熱量がアップしている感があってハラハラする戦いを場面が盛りだくさんでただただかっこよくもありながらとりあえず痛そうだなあと心配になっちゃいました。特に学校同士での抗争のような場面なんかは臨場感があって激しい揉み合いが綺麗に表現されていて良かったです!

30代女性より

ヤンキーってこんなにかっこいいんすか.
山田孝之、三浦春馬、綾野剛の三人がかっこよすぎる!!元々はまあ普通にかっこいいな~くらいにしか思っていなかった三人がこの映画で鼻血もののかっこよさを見せます。特に山田孝之が演じる芹沢さんの「うちの大将にずいぶんなことしてくれるじゃねえか!」のセリフでは部屋の中で叫びました。きっと私だけではないはずです。どちらかというと真面目な人が好きなはずなのに…やんきー、いいね。

クローズEXPLODE

新学期を迎えた鈴蘭高校では空席となった頂点をめぐり、野心的な新3年生たちが火花を散らす。しかし、そんな抗争に興味を示さない3年の転校生・鏑木旋風雄(東出昌大)と好戦的な新入生・加賀美遼平(早乙女太一)の登場により、校内の勢力図は大きく変わろうとしていた。一方、そんな学内抗争に加え外部の不良勢力が不穏な動きを見せており…。

評価
(2.11)
公開年2014年レビュー825件
上映時間129分興行収入11.4億円

出演者一覧

  • 鏑木 旋風雄:東出昌大
  • 加賀美 遼平:早乙女太一
  • 小岐須 健一:勝地涼
  • 片桐 拳:やべきょうすけ
  • 山下 甲兵:ELLY
  • 柴田 浩樹:岩田剛典
  • 高木 哲次:KENZO
  • 藤原 一:永山絢斗
  • 強羅 徹:柳楽優弥
30代男性より

これまでとは雰囲気が異なっていました!
以前の作品とはキャスティングがガラリと変わってしまったせいなのか作品の雰囲気も明らかに変わってちょっとライトな不良のようなかわいらしいものが感じられました。特に東出昌大さんの不良キャラは微妙な違和感がありました。個人的にはやべきょうすけさんの安定感ある演技が素敵でした!

クローズの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし

動画配信
サービス
U-NEXTHuluAmazon primevideoNETFLIXdアニメストア
月額料金
(税込)
2,189円1,026円500円990円〜440円
無料体験31日間2週間30日間なし31日間
オススメ★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
劇場版
全シリーズ
公式URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

U-NEXTで全シリーズ見放題です!
U-NEXT
クローズ

そして今なら『31日間の無料トライアル』がついています!

上の画像は公式のキャプチャですが、
「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

U-NEXT

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

最後のまとめ

まとめ

映画:クローズの全シリーズを順番でまとめました!

クローズ映画の順番
  1. クローズZERO(2007年)
  2. クローズZERO Ⅱ(2009年)
  3. クローズEXPLODE(2014年)

クローズはアクションスリラーなので、大人の方は楽しめると思います!

皆様のお気に入りが見つかることを祈っています。

素敵な休日を過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です