バカとテストと召喚獣を見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【アニメ】

こんにちは、ナユタです。

バカとテストと召喚獣の見る順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年4月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

バカとテストと召喚獣を見る順番

バカとテストと召喚獣 順番

アニメ:バカとテストと召喚獣は、
現在までに『全3作品』公開されました!

見る順番は以下の通りです。

バカとテストと召喚獣の公開順

  • 灰色:テレビアニメ
  • 緑色:OVA

バカとテストと召喚獣 順番

OVAとは?
  • オリジナル・ビデオ・アニメの略。
  • 発売やレンタルを主たる販路として作られる商業アニメ作品のこと。

分かりやすく色分けしました。

シリーズは公開順=時系列なので、
上記の通りに視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

また登場人物・物語なども引き継ぎますので、初めての方はTVアニメ第1期からの視聴をオススメします。

一気見できる動画配信サービスもまとめたので、ぜひ確認してみて下さい!

全シリーズ一気見したい方へ

全3作品の時系列とあらすじ

※DVD/Blu-rayです。

バカとテストと召喚獣

科学と偶然とオカルトによって開発された「試験召喚システム」を試験的に採用し、学力低下が嘆かれる昨今に新風を巻き起こした文月学園。振り分け試験の成績で厳しくクラス分けされるこの学園で自信満々にテストの結果を受け取った主人公・吉井明久を待っていたのは最低クラスであるFクラスの、学び舎とは思えない最低の教室だった―。

評価
(3.80)
放送年2010年レビュー5,175件
監督大沼心放送回全13話

バカとテストと召喚獣 ~祭~

ここ文月学園では、まもなく清涼祭と呼ばれる学園祭が開催される。この学園は試験召喚戦争など特殊なシステムを採用している事もあって、毎年多くの来場者で賑わいを見せ、生徒たちもそれに応えるべく奮起して、準備に励むのであった。その頃、2年Fクラスでは―

評価
(3.90)
発売年2011年レビュー987件
監督大沼心収録回全2話

バカとテストと召喚獣にっ!

進級テストの成績で厳しくクラス分けされる先進的な進学校「文月学園」。秀才が集まる設備も整ったAクラスに対して最底辺のFクラスの設備はボロい卓袱台や腐った畳だけ。そんなFクラスの生徒である吉井明久は、訳あって同じクラスとなった健気な才女・姫路瑞希のため学園が開発したシステムを使ったクラス争奪バトル「試験召喚戦争」に挑戦する。果たして、Fクラスは上位の強豪クラスに勝利することができるのだろうか―

評価
(3.90)
放送年2011年レビュー3,084件
監督大沼心放送回全13話

バカテスの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし

動画配信
サービス
U-NEXTHuluAmazon primevideoNETFLIXdアニメストア
月額料金
(税込)
2,189円1,050円500円990円〜440円
無料体験31日間2週間30日間なし31日間
オススメ★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★
TVアニメ
劇場版
公式URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

複数のVODで見放題となっていますが、
バカとテストと召喚獣が見たい方は『U-NEXT』の登録をオススメします。

VODランキング

実はU-NEXTはアニメの作品数で第1位を誇っています!

映画もドラマも充実しているので、ハッキリ言ってここに登録しておけば、他のサービスに登録しておく必要がありません。

そして今なら『31日間の無料トライアル』がついています!

上の画像は公式のキャプチャですが、
「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

U-NEXT

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

最後のまとめ

まとめ

アニメ:バカとテストと召喚獣を見る順番とシリーズ一覧をまとめました。

バカとテストと召喚獣の順番
  1. バカとテストと召喚獣
  2. バカとテストと召喚獣 〜祭〜
  3. バカとテストと召喚獣にっ!

バカとテストと召喚獣はラノベから派生した作品なので、子供も大人も楽しめると思います!

皆様のお気に入りが見つかることを祈っています。

素敵な休日を過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。