リトルウィッチアカデミアを見る順番はこれ!シリーズ全3作品の時系列とあらすじ【アニメ】

こんにちは、ナユタです。

リトルウィッチアカデミアの見る順番をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年4月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

リトルウィッチアカデミア
見る順番はこれ!

リトルウィッチアカデミア 順番

リトルウィッチアカデミアは、
現在『全3作品』が公開されました!

見る順番は以下の通りです。

リトルウィッチアカデミアの公開順

  • 赤色:映画
  • 黄色:テレビアニメ

リトルウィッチアカデミア 順番

分かりやすく色分けしました。

公開順は上記のようになりますが、
見る順番は、映画が先でもTVアニメが先でもどちらでも構いません!


映画2作品の物語は繋がっていますが、
2017年のTVアニメは映画の続編ではなく、最初から描き下ろされた完全新作となっています!

リトルウィッチアカデミア

  • リトルウィッチアカデミア (2017年)

世界観や登場人物など似ていますが、ストーリーとしては全く繋がっていませんので、好きな方から見て問題ありません。

配信している動画配信サービスもまとめたので、ぜひ確認してみて下さい!

動画の配信状況を確認する



全3作品の時系列とあらすじ

※DVD/Blu-rayです。

アニメミライ版
リトルウィッチアカデミア

幼い頃に見た魔法ショーで魔法の魅力に取り憑かれ、ヨーロッパの魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学したアッコ。大きな期待とは裏腹に日々の授業は意外と退屈。保守的な魔法界の雰囲気を打ち破り、魔法に夢を取り戻そうと張り切るアッコだが、周囲の目は冷ややかで授業でも空回りの連続。唯一の味方はルームメイトで親友のロッテとスーシィの2人だけ。 そんなある日、学校でとんでもないハプニングが発生!

評価
(3.90)
放送年2013年レビュー262件
監督吉成曜上映時間25分

リトルウィッチアカデミア
魔法仕掛けのパレード

幼い頃に見た魔女・シャイニィシャリオのショーで魔法の魅力を知り、伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学したアッコ。騒動ばかり起こしているアッコと、友人で世話役のロッテ、皮肉屋のスーシィの3人は、罰として魔女狩りの歴史を再現したパレードに参加させられることに!同じく問題児グループのアマンダたち3人と一緒にパレードを成功させなければ、落第決定。しかしどうせなら、シャイニィシャリオのショーのように思いっきりハッピーなものにしたい!!街全体を巻き込んだ、アッコたちの魔法仕掛けのパレードが動き出す。

評価
(4.00)
放送年2015年レビュー169件
監督吉成曜上映時間56分

TVアニメ
リトルウィッチアカデミア

幼い頃にシャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオと同じ伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学する。新しい町、新たに始まる学校生活、そして新たに出会う友達。魔女学校の中でほうきの飛行授業や魔法にまつわる不思議な授業など、魔女学校ならではの授業の中でアッコやロッテ、スーシィたちが大騒動を巻き起こす!ルーナノヴァを巻き込んだアッコの魔女への第一歩が今から始まる。

評価
(3.90)
放送年2017年レビュー626件
監督吉成曜放送回全25話

動画配信サービスの配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし

動画配信
サービス
U-NEXTHuluAmazon primevideoNETFLIXdアニメストア
月額料金
(税込)
2,189円1,050円500円990円〜440円
無料体験31日間2週間30日間なし31日間
オススメ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆
劇場版
TVアニメ
公式URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

リトルウィッチアカデミアが見たい方はNetflixの登録をオススメします。

Netflix
Netflix

最後のまとめ

まとめ

アニメ:リトルウィッチアカデミアを見る順番とシリーズ一覧をまとめました。

リトルウィッチアカデミアの順番
  1. リトルウィッチアカデミア
  2. リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード
  3. TVアニメ リトルウィッチアカデミア

リトルウィッチアカデミアはファンタジー作品なので、子供も大人も楽しめると思います!

皆様のお気に入りが見つかることを祈っています。

素敵な休日を過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。