七つの大罪を見る順番はこれ!シリーズ全6作品の一覧まとめ【アニメ・映画】

こんにちは、ナユタです。

七つの大罪を見る順番と時系列をまとめます。

また、当記事で紹介している情報は2021年3月時点のものになります。最新状況は各サービスにてご確認ください。

七つの大罪を見る順番

七つの大罪 順番

アニメ:七つの大罪は、
現在『全6作品』が公開されました!

公開順と時系列は以下の通り。

フェアリーテイルの公開順

  • 灰色:テレビアニメ
  • 赤色:劇場版

七つの大罪 順番

分かりやすく色分けしました。

基本的にシリーズは公開順=時系列なので、
上記の公開順で視聴すれば、そのまま作品を楽しむことが出来ます!

また物語・登場人物なども引き継ぎますので、初めて見る方は第1期アニメからの視聴をオススメします。


しかし劇場版:天空の囚われ人は『オリジナルストーリー』となっており、時系列が曖昧です。

七つの大罪

参考:U-NEXTより

それでも内容的には、ある程度の知識があれば楽しめるので、TVアニメを見た後で問題ありません。

また一気見できる動画配信サービスもまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

全シリーズ一気見したい方へ

シリーズ全6作品の一覧まとめ

※DVD/Blu-rayです。

七つの大罪

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られたリオネス王国。王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り全聖騎士を敵に回した罪人たち<七つの大罪>。たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年メリオダスに出会う。

評価
(3.80)
放送年2014年レビュー1,379件
監督岡村天斎放送回全24話

七つの大罪 聖戦の予兆

いまだ人と人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から王国を奪還した七つの大罪とエリザベス、ホーク。王国誕生祭も無事に終わり、リオネス王国にようやく平和が訪れた。だが、次なる脅威の予兆は確実に生まれつつあった-。そんな気配を感じてか感じていないのか、七つの大罪たちはようやく訪れた日常を満喫していた。しかし、彼らの日常が普通で済むはずはなく…。

評価
(3.60)
放送年2016年レビュー289件
監督所智一放送回全4話

七つの大罪 戒めの復活

いまだ人と人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。 ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から 王国を奪還した七つの大罪とエリザベス、ホーク。 王国誕生祭も無事に終わり、リオネス王国にようやく平和が訪れた。 だが次なる脅威の予兆は、 確実に生まれつつあった…。

評価
(3.60)
放送年2018年レビュー277件
監督古田丈司放送回全24話

劇場版
七つの大罪 天空の囚われ人

妖精族や女神族、魔神族などが存在する世界で、7人の大罪人から成る騎士団:七つの大罪は王女と一緒に、滅亡しかけていたリオネス王国を救うことに成功した。平穏に暮らしていたある日、団長のメリオダスと人の言葉を話す豚のホークが、天空の世界「天空宮」へ飛ばされてしまう。おきてを守らなかった天翼人の少年と勘違いされたメリオダスは、牢屋に放り込まれる。

評価
(3.69)
公開年2018年レビュー278件
監督西片康人興行収入6.5億円

七つの大罪 神々の逆鱗

三千年の時を経て復活した、魔神族の精鋭との戦いに七つの大罪は敗れ、メリオダスは死んだ。ディアンヌ、キングも行方不明の中、リオネス王国に迫る十戒の魔の手。エスカノールがエスタロッサを退けるも劣勢は続く。そして、エリザベスが窮地に陥ったその時、圧倒的な力を取り戻したメリオダスが煉獄より復活を果たす。十戒のグレイロードとフラウドリンは討たれ、リオネス王国は守られた。しかし、力を取り戻した事でメリオダスは最凶の魔神と呼ばれた時代に逆行しつつあった。

評価
(3.30)
放送年2019年レビュー97件
監督西澤普放送回全24話

七つの大罪 憤怒の審判

3つの戒禁を取り込んで暴走したエスタロッサはエリザベスを連れ去ってしまう。その後を追うキングたち。一方キャメロット城ではメリオダスが戒禁を取り込み続けていた。彼の魂を救うため煉獄を彷徨うバン。七つの大罪の戦いはいよいよ最終局面へ。
評価
(3.50)
放送年2021年レビュー135件
監督西澤普放送回
20代男性より

手に汗握るパワーアップ
七つの大罪は誰が強いとか、固定観念を持っていると一瞬でインフレに置いてかれます。例えば1シーズン目で最強クラスの実力を示したギルサンダーですが、今では戦闘に参加しても太刀打ち出来ません。また主人公メリオダスの戦力の上下が凄いです。強いのか弱いのか分からなくなります。しかし結局最強はメリオダスなんだなと感じます。

20代男性より

インフレの嵐
1シーズン目は王国最強騎士達はかなりの脅威でしたが、十戒によるインフレは更に激しい物でした。しかしはそれでも最終的には七つの大罪が上に来ました。七つの大罪では最初の数値当てにならないです。最近では四大天使も現れ強さは次の次元に行きました。エスタロッサもインフレについていけてます。戦力の上下を見るのが楽しみです。

20代男性より

回想が泣ける
七つの大罪は過去の回想がかなり多いです。一人一人のキャラクターにかなりの設定が作り込まれています。これを聞いた後に本編をもう一回みると、より作品を楽しむことができると思います。また過去回想の中には、今のキャラクターを形作っている、大変感動するものがあります。特に好きな回想は妖精族の話です。こういうキャラの作り込みも、魅力の一つといえます。

30代男性より

登場人物ごとにエピソードがあるのがよかったです
メリオダスやエリザベスをはじめとした登場人物がそれぞれ過去を抱えており、定期的にエピソードが描かれているので感情移入しやすくて楽しめました。また、中世的な世界観で魔法や騎士以外にも魔物といったファンタジー要素満載なストーリーも面白く、アーサーやマーリンといった有名な作品からも登場するのが興味深かったです。

50代男性より

壮大なスケールの、実は愛の物語
序盤でヒロインのエリザベスが、七つの大罪を探し、諦めかけたところでメリオダスが正体を明かすシーンは、後々ストーリーが進んで、ふたりに隠された背景を知ってしまうと、その時のメリオダスの心情はどうだったのかと思ってしまいます。壮大な物語だけに、序盤の何気ないシーンも、振り返ってみるといろいろと考えさせられるものがあります。大罪の七人とエリザベスだけでなく、リオネス王国や十戒のメンバーたちにもそれぞれ物語があり、壮大な絵巻のような作品です。

40代男性より

深いストーリー!
メリオダスが魔神族のエリートで魔神王の子どもでありながら、七つの大罪として立ち向かう姿はかっこいいなと思っていました。でも、その理由はわからずなところがありましたが単なる恋人のように思っていたエリザベスのためだったことに感動しました。そして二人の恋が呪いがかけられている背景もあって、とても純粋で一途なところは最高です。

20代女性より

良作アニメ!
原作を先に知っていて見始めましたが、アニメ化大成功な作品です。キャラクターの魅力がたっぷりで、見応えがあります。特にメリオダスは、王道主人公キャラで正義感が強くてカッコ良いです!少年の見た目だけど、少年ではない謎めいた存在が素敵です。仲間が増えていくストーリーも、ワクワクが増してこれからどうなっていくんだろうと予想できないところが面白かったです。

40代男性より

壮大なストーリー展開が魅力の七つの大罪
当初は、聖騎士長殺しの犯人として追われていたメリオダスは、酒場を営みながらリオネス王国を中心に転々と移動して、王女であるエリザベスと知り合う事になりますが、これが後々の伏線になっています。七つの大罪のメンバーを探す旅から天使・悪魔の総力戦へとストーリーが壮大になっていく展開は、よく考えられていると思いました。アクションシーンも満載で、ファンタジー世界における戦闘が好きな人には楽しめる作品になっています。

20代女性より

バトルがあつい
メリオダスを含めて7人とも個性がほんとうに強くて、おもしろいです。メリオダスがちょっとエッチなのは嫌なところはありますが、他の6人は紳士で弱いものにはみんな優しいです。世界のために戦って、世界を救おうとしている7人を見ているとほんとうに感動します。女の子ディアンヌとマーリンも実はめちゃくちゃ強くて、ほんとうにびっくりします。美人さんで穏やかに見えるマーリンがめちゃくちゃ強いにはほんとうにびっくりしました。魔法がやはり最強なのでしょう。

30代男性より

かっこいい…ストーリーも気になって仕方ない
七つの大罪の一番の魅力はかっこいい事だと思います。主人公のメリオダスを筆頭に大罪の団員は皆かっこよくて素敵過ぎます。キャラ面だけのアニメではなく、ストーリーが非常に気になる作品でもあります。まだ全てを視聴した訳ではありませんが、そんな理由があって今までの謎はこうだったのか…と驚くような展開が用意されています。

30代男性より

原作に比べてポップな印象でした!
おそらく史上最強といってもいい主人公が王国を助ける超ストーリーになっていてRPG感がちょっと匂ってくるところもあるせいかファンタジー要素が強めな作品になっていますが、主人公の圧倒的な強さと仲間への思いが見事でした。全体的な雰囲気として原作以上にカラフルでポップな明るいところがありちょっとイタズラ好きな主人公が印象的で可笑しかったです。

30代男性より

声優が好きな人が出て嬉しい!
声優にてFischer’sのシルクロードさんが登場する場面があって個人的には大好きな声だったのですが表現がとても美しく自然な感じがあって素敵でした。ストーリー自体はいたってシンプルなために分かりやすいのがグッドで、相対する敵キャラクターをあっさりと倒してしまう主人公たちの圧倒的な強さの描写が観ていて爽快な気分になれる作品でした。

20代女性より

個性豊かで、素敵なキャラクターがたくさん!
七つの大罪メンバー含め、素敵なキャラクターがたくさん登場します。キャラクターの過去の出来事や、思いに心が揺さぶられます。伏線もたくさんあり、「ここにつながるのか!」と毎回驚かせられます。特にメリオダスとエリザベスの関係にドキドキします。シリアスな展開の中にもクスッと笑える要素のある、大好きな作品です。

20代女性より

それぞれのキャラクターの個性が強く、夢中になれます。
個性豊かな大罪たちが一番の魅力です。圧倒的な力を持ち国に忠誠を誓ったのに、反逆者と恐れられる彼らの、そうとは思わせない飄々としたキャラが大好きで、夢中になりました。主人公のメリオダスの、小さい見た目と軽い性格とは違う、バトルシーンのカッコよさに毎回惚れ惚れします。ヒロインの王女様エリザベスの献身的な支えも、可愛らしくて、お似合いのカップルだなぁと微笑ましく思います。私の好きなもう一組のバンのカップルは、それとは反対に切なさが際立って、どうにか二人に幸せになってほしいと願ってしまいます。ラブストーリーとしてももちろんおススメですが、やっぱりこの作品は魔人族、魔法、変身?なんでもありの、どこかで誰かが戦っている、迫力たっぷりの戦闘シーンが飽きない秘密なのかなと思います。

30代女性より

切ない!
小3の息子と一緒に観てハマってしまいました!最初は戦闘が爽快なファンタジーかなと思ってみていたのですが、個性豊かなキャラクターのやり取りが面白くてどんどん引き込まれました。そしてストーリーが進むにつれて分ってくる皆の過去…!ネタバレしちゃうから書けませんが、いろいろ切なくって切なくって…。愛する人を守る男性陣かっこいいです!

30代女性より

絶対読んでほしい!
面白いです!原作を読まずにアニメを見ましたが、1話目から一気に世界観に引き込まれファンになりました。メリオダスの子供のようなかわいい見た目と、闘った時の圧倒的な強さ、エリザベスへのちょっとエッチな態度のギャップがたまらなく好きです。フルカウンターかっこ良すぎます。シリーズが進むことに内容もシリアスになり、どうなっちゃうの?と続きが気になるイチオシの作品です。

七つの大罪の配信状況

◯:見放題
△:レンタル作品
✕ :配信なし

動画配信
サービス
U-NEXTHuluAmazon primevideodTVdアニメストア
月額料金
(税込)
2,189円1,026円500円550円〜440円
無料体験31日間2週間30日間31日間31日間
オススメ★★★★★☆☆☆☆☆☆☆★★★
TVアニメ
劇場版
公式URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

複数のVODで見放題となっていますが、
七つの大罪が見たい方は『U-NEXT』の登録をオススメします。

VODランキング

実はU-NEXTはアニメの作品数で第1位を誇っています!

映画もドラマも充実しているので、ハッキリ言ってここに登録しておけば、他のサービスに登録しておく必要がありません。

そして今なら『31日間の無料トライアル』がついています!

上の画像は公式のキャプチャですが、
「U-NEXTに初めて登録する方は、31日間タダでいいよー!」と言っています!

もちろん無料期間中に解約すれば、料金の請求は一切ありません!

私も利用しましたが、期間中に解約したので0円でした!

U-NEXT

お試しキャンペーン実施中!

31日以内に解約すれば、料金は0円です。

最後のまとめ

まとめ

アニメ:七つの大罪の順番と時系列をまとめました!

七つの大罪を見る順番
  1. 第1期:七つの大罪
  2. アニメSP:七つの大罪 聖戦の予兆
  3. 第2期:七つの大罪 戒めの復活
  4. 劇場版:七つの大罪 天空の囚われ人
  5. 第3期:七つの大罪 神々の逆襲
  6. 第4期:七つの大罪 憤怒の審判

七つの大罪は少年漫画から派生した作品なので、子供も大人も楽しめると思います!

皆様のお気に入りが見つかることを祈っています。

素敵な休日を過ごしましょう!

画像等はAmazon様『https://www.amazon.co.jp/』より引用させていただいています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しており、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。